top of page

マーケティングミックス4Pについて

更新日:5月2日


本記事では、企業の売上増大、競争優位の構築、ビジネス促進のためのスマート戦略の構築に重要なマーケティング戦略の一部である、マーケティングミックス4Pの概要とポイントについて説明いたします。



目 次


マーケティングミックス4Pとは?


マーケティングミックス4Pとは、企業が利益の元となる製品・サービスを売るために顧客に働きかける際に考慮すべき4つの戦略・手法を指します。これらの戦略・手法は、製品・サービスを市場に導入し、顧客に販売するための基本的な要素として考えられています。





01. 製品(Product)


4Pの一部である製品(Product)はマーケティングにおいて重要な課題である顧客満足度の向上にとても重要な要素です。顧客価値の提供と競争優位性の確保に貢献する要点を考慮し、製品開発・管理の戦略を練ることが重要になります。


製品(Product)要素についてのポイント

  • 競合他社との比較・分析を入念に行い、製品・サービスの差別化を明確にする

  • 市場へ製品の導入から衰退までのライフサイクルを入念に理解する

  • 顧客のニーズや要求を把握し、品質と機能を高める

  • 顧客に企業の価値を認識してもらい、他社とは異なる独自の存在を確立する

  • 顧客に製品の価値や信頼性を伝える

  • 製品の改善や新機能の追加を常に考慮する


上記のポイントを考慮し、慎重に製品戦略を策定し、市場での競争力を高めることが要求されます。


02. 価格(Price)


価格(Price)とは、消費者が製品・サービスに対して支払う金額を意味します。

製品・サービスの価格設定は企業の収益性や市場競争力に直接影響を与える重要な戦略的決定です。顧客の価値観やコストを考慮し、綿密な分析と戦略策定を行うことが価格設定の成功につながります。


価格(Price)要素についてのポイント

  • 製品を提供するためにかかるコスト、企業の利益率を考慮する

  • 価格調整のタイミングを競争状況や仕様の変化に応じて、柔軟に対応する

  • 競合他社の分析、市場調査を行い、競争力のある価格を設定する

  • 需要の変動や競争状況の変動に柔軟に対応できるよう、価格弾力性を高める


上記のポイントを考慮し、利益を最大化できるよう適切な価格設定を行うことが重要です。



03. 流通(Place)


流通(Place)とは製品が顧客に届くまでの、場所や流通経路を指します。購入や使用が不便であると判断する顧客を対象にマーケティング展開をしてしまうと、マーケティング活動の壁にぶつかる可能性があります。製品をどこで、どのようにして顧客に提供するかを考慮することが大切です。


流通(Place)要素についてのポイント

  • 目標顧客のニーズや購買行動を理解し、適切な流通チャネルを選択

  • 正確かつ効率的に顧客の手元に届けられるよう、配送や物流プロセスを管理

  • 販売する地域の特性を理解し、地域ごとのニーズや思考があることを考慮する

  • 需要に応じて適切な量の製品を供給できるよう、在庫の管理を行う


上記のポイントを考慮し、製品やサービスの市場展開を最適化することが重要です。



04. 促進(Promotion)


促進(Promotion)とは前述の3つのP(商品、価格、流通)にて特定された要素を使用し、購買行動を促進するための活動を指します。促進活動は、企業のマーケティング戦略の中で重要な位置を占めており、広告、販売促進などの様々な手法を用いて行われます。


促進(Promotion)要素のポイント

  • 自身の製品が季節や製品に影響を与える可能性のあるイベントやその他の外部要因があるかを把握し、適切な時期に促進活動を行う

  • 競合他社はいつ、どこで、そのように促進活動を行っているか把握する

  • ターゲット市場にメッセージを配信できる場所を把握する

  • オンライン及びオフラインの場所で使用する顧客の具体的な人物像について設定する


上記のポイントを駆使し、製品やサービスの認知度を高め、顧客の購買行動を促進します。



マーケティングミックス4Pの実例


マーケティングミックスの4Pをよりよく理解し、ビジネスに適用できるよう実際のケースをいくつか見てみましょう。


01. スターバックス





製品(Product)

スターバックスは品質にこだわったコーヒー豆を使用しており、ドリンクやフードのみならず、タンブラーグッズやコーヒー機器など幅広いラインナップで提供しています。またコーヒー販売店としてだけではなく、仕事や勉強、ゆっくりと会話ができる場所である「サード・プレイス」(家でも職場でもない、第三の場所)と定義しております。


価格(Price)

スターバックスの価格帯は同業他社と比較すると高めな設定となっていますが、その分高品質な体験とプレミアム感を提供するための価格設定となっています。


流通(Place)

スターバックスは正解中に店舗を展開しており、人通りの多い駅構内やショッピングモール、繁華街などに出店しており、都市の中心部や交通の便が良い場所に出店しています。


促進(Promotion)

SNSキャンペーンや顧客ロイヤルティプログラムなどのデジタルマーケティングを積極的に活用しています。季節ごとのイベントや新商品の発売など、顧客を引き付けるイベントを定期的に実施しています。



02. 無印良品


製品(Product)

無印良品は機能的かつシンプルな製品を提供しており、高品質でありながら、価格もお手頃であり、耐久性や実用性を重視しています。


価格(Price)

無印良品の価格設定は手に取りやすい手ごろな価格設定であり、コストパフォーマンスに優れています。高品質でありながらも、リーズナブルな価格で提供されています。


流通(Place)

オフラインでは無印良品の直営店舗やローソン、フランチャイズ店などに展開しており、オンラインでは、公式オンラインショップのほかAmazonや楽天にも出店しております。また、海外展開も積極的に行われており、多種多様な手段を活用し、販売しています。


促進(Promotion)

無印良品は、商品の明確なコンセプトを伝えるとともに、口コミやブランドの信頼性を通じて顧客を引き付けることに重点を置いています。また、顧客への特典プログラムや、無印良品習慣(セール)などの一定のプロモーション活動も行っています。



最後に


理想的なマーケティングミックスを作成した後も、継続して検討する必要があります。

製品またはサービスが発展し、新しいマーケティングミックスが登場し、顧客、競合他社、環境は時間の経過とともに常に変化します。


したがって、製品またはサービスのライフサイクルに応じて、2年または1年に1度はマーケティングミックスを再検討することが重要です。 

マーケティングの4Pは静的ではない為、周囲の変化に適応するために継続的に強化する必要があります。


閲覧数:43回

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page